ここでは観賞魚を実際に飼育するにあたって役立つ情報をお伝えします。
まずは淡水魚や海水魚の習性や飼育方法の違い、次に病気の予防と対処法、そして水槽サイズと適切な飼育数、最後に人気の観賞魚を紹介しています。
観賞魚選びでお悩みの方、観賞魚については初心者の方はぜひ参考にして下さい。

水槽リース(レンタル)のおすすめ業者
価格と口コミ・評判を比較

淡水魚と海水魚の違い

非常に人気が高いものの、飼うのが難しいのが海水魚です。淡水に比べると飼育の難易度は非常に高くなります。ここでは海水魚と淡水魚それぞれの特徴と、どのような魚がいるのかについてご紹介します。

「淡水魚と海水魚の違い」について詳しくはこちら>>

観賞魚の病気について

観賞魚はどのような病気にかかる可能性があるのかについても事前に押さえておきましょう。万が一、病気になってしまった場合の対策や、魚を飼う上で注意しておかなければならない病気の詳細についてご紹介します。

「観賞魚の病気について」詳しくはこちら>>

適切な飼育数と水槽の大きさ

どれくらいのサイズの魚を何匹飼うのかについては、水槽の大きさによって適切な数が異なります。やはり、大きな魚を買うためには大きな水槽が必要ですし注意点もあるのです。魚同士の相性についても考えてみましょう。

「適切な飼育数と水槽の大きさ」について詳しくはこちら>>

人気の観賞魚図鑑

魚は非常に種類が豊富ですが、その中でも人気の観賞魚というと種類が限られてきます。ここでは、代表的な観賞魚の特徴についてまとめました。どういった魚を飼いたいか、気になる種類についてチェックしてみてくださいね。

「人気の観賞魚図鑑」について詳しくはこちら>>

熱帯魚の寿命

熱帯魚も生き物ですから、人間と同じように当然寿命があります。品種によって、2年程度生きる魚もいれば、5年以上生きる魚までさまざまですが、寿命を全う、さらには寿命以上生きてもらうには、熱帯魚が快適に生きられる環境を整えることが大切です。気を付けるべきことは、餌の内容、水質、水温など。これらに十分気を付けていくことで、熱帯魚は病気をせずに長生きしていけるようになります。必要なコストはしっかりとかけて、魚にとって快適な環境を用意してあげるようにしましょう。

「熱帯魚の寿命」について詳しくはこちら>>

熱帯魚への餌やり

熱帯魚に餌を与える際には、与えるペースや与える量に気を使う必要があります。餌を与えすぎると、魚の肥満や、水質汚染などにつながってしまいます。どのような餌をどのくらいのペースで与えていくのか、考え方の目安がありますので、個体と照らし合わせながら適切な量を確認しましょう。

「熱帯魚への餌やり」について詳しくはこちら>>