ここでは水槽を実際に設置する際に必要な情報を紹介しています。
店舗やオフィスに設置するメリット、水槽に使用する水の基礎知識、コケの発生を防ぐための注意点、海水と淡水それぞれのデザイン、照明デザインなどのコンセプトについてご説明しています。
いざ設置しようと考えている方は、予習のつもりで見ていただけたら幸いです。

水槽を設置するメリット

水槽を導入した場合にどのようなメリットが挙げられるのかについてご紹介します。高級感を打ち出す他、待ち時間の暇つぶしにもなってくれるのが魅力。業者にお願いすれば、大変そうな水槽の導入も難しいものではなくなります。

「水槽を設置するメリット」について詳しくはこちら>>

水槽に適した水

水槽に必要な水はどのような水なのかについて詳しくご紹介します。ただの水道水は魚にとって有害なカルキが含まれているため、カルキを抜かなければなりません。人工的に魚に適した水を作っていく必要があるのです。詳細を解説します。

「水槽に適した水」について詳しくはこちら>>

コケと照明の因果関係

水槽の中にコケがたくさん発生してしまうと汚く見えてしまいます。その原因は照明の当てすぎ。コケを増やさない工夫についてご紹介しているので、コケが発生しないように対策を取りたいと思っている方は参考にしてみてくださいね。

「コケと照明の因果関係」について詳しくはこちら>>

淡水と海水の水槽デザイン

オリジナリティにこだわった水槽を作りたいですよね。例えば、白と緑の水槽や、ブルーの世界が広がるレイアウトについてご紹介していきます。魚以外にも、サンゴやクラゲなどについてもチェックしてみましょう。

「淡水と海水の水槽デザイン」について詳しくはこちら>>

水槽設置のトラブル

熱帯魚を飼う中で、心配事の一つとして挙げられるものが水槽のトラブルです。水漏れをはじめ、濁りやコケなど、トラブルの種類はさまざま。これらは、事前にきちんと対策を施しておくことである程度の予防が可能。特に、水漏れは水槽を置く場所が平らかどうかがカギになります。水槽の設置場所から太陽光の当たり方、フィルター設置の有無まで、できる対応は事前にしっかりと行うようにしましょう。水槽を大切に扱うことで、中で泳ぐ魚たちを守ることにもつながります。

「水槽設置のトラブル」について詳しくはこちら>>

水槽の水温管理

熱帯魚を飼育するにあたり、水温の管理は大切なテーマになります。特に、夏場や冬場は外気温の影響を受け、水槽内の温度も変わりやすい時期となります。どのように管理をしていけばいいか、方法を知っておくようにしましょう。

「水槽の水温管理」について詳しくはこちら>>

水槽は電気代がかかる?節約方法も紹介

熱帯魚を飼育する際は、水温の維持管理が大切な要素の1つです。水槽ヒーターは、熱帯魚に適した水温まで加熱および維持できる一方、一定の電気代がかかってしまいます。熱帯魚を飼育する際は、水槽ヒーターの必要性や電気代の目安を理解した上で検討するのが大切です。

電気代は、水槽ヒーターの容量によって大きく変わります。そのため、電気代を計算する時は、水槽ヒーターの消費電力を確認しておく必要があります。また、水槽ヒーターの電気代を抑えたい場合は、節約する方法について確認しておきましょう。

「水槽は電気代がかかる?節約方法も紹介」
について詳しくはこちら>>

円柱水槽を設置する

円柱水槽は、全方位から美しい熱帯魚などを楽しめるとして、特に広い場所などで用いられており人気の水槽のひとつです。レイアウトの仕方などには少し工夫が必要なので、どのようにすればいいのかをチェックしておきましょう。

「円柱水槽を設置する」
について詳しくはこちら>>

上級者向けのブラック水槽

ブラック水槽は、背面や底面などに黒いガラス・アクリルなどを用いて作られている水槽です。熱帯魚などをより美しく見せてくれることで人気がありますが、普通の水槽と少し違った使い方が求められるので、注意しましょう。

「上級者向けのブラック水槽」
について詳しくはこちら>>

ろ過能力の高いオーバーフロー水槽

オーバーフロー水槽は、長く水槽の環境を保ち、熱帯魚などを長生きさせるのに効果的です。ただし 、機能を長持ちさせるためには、こまめなメンテナンスや掃除などが必要になります。ケアの方法などを把握しておきましょう。

「ろ過能力の高いオーバーフロー水槽」
について詳しくはこちら>>

水槽設置業者を選ぶ

水槽内の環境や魚の取り扱いは非常にデリケートであり、経験でしか分からないことも多々あります。専門ノウハウがある水槽業者に依頼することが重要です。

2005年以降、水槽を設置するお店の需要が増え、それに伴い、供給元の設置業者も増えています。価格だけ安くてノウハウが無い業者さんはおすすめできません。水槽は設置してからが本当のスタートですし、緊急時のことも考慮してください。

まずは、水槽業者へ連絡し、色々な質問をしてみて信頼できる業者さんを選びましょう。

水槽リース業者の選び方
リース料金と口コミを見る