水槽設置が集客効果やPR手法として優れている点は、トップページで説明いたしました。
では、いざ導入を考えている方のために「購入」「リース(レンタル)」どちらの販売形態がおすすめなのでしょうか?

リース(レンタル)は初期費用が安い!

初期費用のことを考えると、二の足を踏んでしまうことでしょう。経費負担は極力抑えたいのが普通。 
言うまでもなくリースは、購入するよりも少ない初期費用で導入を実現できます。一般的なオフィスなどでも大型のコピー機などは購入ではなくリースという形を取っている場合が多いと思いますが、あれと同じことです。
もうひとつ大きなメリットは、メンテナンス込みのリース契約の場合、定期的な水槽のリニューアルにも対応しやすいことが挙げられます。
何ヶ月間も観賞魚の水槽がずっと同じままでは、お客様も次第に飽きてきてしまいます。と言って、水槽の模様替えを頻繁に実費で行っていては費用面で大変です。その点、リース(メンテナンス込み)であれば柔軟に対応してくれます。

よく、リース契約が使われる業種としては、病院(クリニック)の開業(高額な医療機器と一緒にというケース)、店舗改装を迎える飲食店などがメインです。

購入はフルオーダーメイドが可能

購入の場合は、出来上がりイメージを自由に設定でき、設置場所の雰囲気やイメージに合わせて最も効果的に水槽を露出できるよう独自に設計を行うことが可能です。
つまり、こだわりがある方にはおすすめな内容になっています。
また、維持費がリース(レンタル)と比べて安いので、長期的に導入を検討している方にはお得ですよ

購入形態が多い業種としては、こだわりが強く、水槽をフルオーダーにしたい飲食店などが該当します。(←美容室にも当てはまりますね。)
あとは、個人で買うお客さん(趣味)が圧倒的に多いですね。