カクレクマノミ映画「ファインディング二モ」で知名度を上げた、カクレクマノミ。オレンジ色に白の模様の愛らしい姿はすっかりおなじみになりましたね。
映画の影響で、実際に飼育してみたいと思われた方も多いことでしょう。
でも、カクレクマノミの飼育は、例えばグッピーやエンゼルフィッシュなどよりも、はるかに難しいというのはご存知でしょうか?

その理由は、カクレクマノミは「海水魚」、グッピーやエンゼルフィッシュは「淡水魚」だからです。
観賞魚の世界では、海水魚の飼育は淡水魚よりも難易度が高いというのは、「常識」なのです!

実際に、私の店に出入りしている水槽業者から聞きましたが、水槽設置にしてもメンテナンスにしても、一般的に海水魚の方が淡水魚の約2倍費用がかかるとの事です。

海水魚の飼育が難しい理由

海水魚が淡水魚に比べて飼育方法が難しい理由として、主に海と河川(湖も含め)の住環境の違いが挙げられます。
言うまでもなく、海は河川に比べはるかに広大です。海水魚は、自分たちが住みよい環境を求めて自由に移動することができるのです。
これは逆に言えば、海水魚は環境適応能力が低いということになります。水槽はあくまで人間が魚たちのために用意したもので、彼らが本来住む場所ではありません。
対して淡水魚は河川や湖という、はるかに自由度の低い環境で生きていくために、環境変化への適応能力が高いという傾向があります。

つまり、海水魚を飼育する場合には、淡水魚の場合よりも、水槽内の環境を限りなく実際の海に近づけなければならないということなのです。

まる分かり!淡水魚と海水魚比較図

淡水魚と海水魚の主な違いは上記で挙げましたが、分かりやすく図で表してみました。

  海水魚 淡水魚
水槽適応性 比較的低い 相対的に高い
習性 広い海の中で自分に適した環境を求め移動する傾向があり、環境への適応能力は低い 限られた広さの河川や湖で生きるため、環境への適応能力が比較的高い
飼育難易度 難しい 易しい
価格 生環境である海を再現しなければならず、必然的に高価 海水魚ほどシビアではなく、比較的安価
基本的な水槽デザイン ●サンゴや岩礁を配置
●ブルーの光でライトアップ
海水魚の水槽デザイン
●水草をメインに構成
●白い光でライトアップ
淡水魚の水槽デザイン
外観 ●濃い色合いが多い
フレームエンゼルパウダーブルータン
●淡い色合いが多い
ネオンテトラレッドトップエンゼル

素人で海水魚を飼育することはそれなりの知識や経験が必要になるため、上級者向けといえるでしょう。
さらに、導入費用や維持費を考慮すると、水槽と観賞魚の「購入」はかなりの負担を強いられます。
良質な水槽業者だとメンテナンス込みのリース(レンタル)サービスがございますので、そちらをおすすめします。

購入とリース(レンタル)の違いを見てみる