言うまでもないことですが、観賞魚たちは水がなければ生きていけません。
水槽に入れる水は、まさに命の泉といっていいでしょう。
では水槽に入れるのは、どんな水を入れるべきだと思いますか?

究極の理想を言えば、淡水であれ海水であれ、実際にその魚たちが生息していた場所の水を汲んできて使うことですが、現実には不可能です。
ではどうするか。答えは「人間の手で観賞魚に適した状態に調整した水」ということになります。

意外にもベースは水道水

水槽に使う水は、実は水道水がもとになっています。水道水には、消毒のためのカルキ成分が含まれているため、カルキを抜くための薬剤を投与した上で、水温を調整。
海水の場合は、ここからさらに人工海水を塩分濃度などが適正になるように調整して海水魚が住める適切な状態に調整していくそうです。
逆に、素人考えでは良さそうに思える井戸水は避けた方が無難です。
理由は、地域によって水質に大きく差があるためだそうです。また、農場やゴルフ場の近くなどでは農薬混入の可能性もあるため、やめた方がよいそうです。
また、コンビニなどで売っているミネラルウォーターは、あくまで人間が飲むための水です。観賞魚には適していませんので、お気をつけください。

ろ過装置と水換えの重要性

「水槽メンテナンスの必要性」のページでもご紹介していますが、美しい水槽を保つには水換えやろ過装置の点検清掃などが欠かせません。
たとえ、ろ過装置を設置していたとしても、時間が経てば経つほど、水槽内は確実に汚れていきます。
ただ、この水換え、一度で交換するのは水槽の1/3程度です。
なぜなら、水槽自体は生きている環境そのものであり、一度に全てを換えてしまうと、水槽の環境も変わり、魚たちにも悪影響を及ぼしてしまうからです。
また、設置するろ過装置によって、その効果は異なります。下記に一部ではありますが、紹介します。

  • 底面式ろ過装置
    ろ過板を水槽の底に置き、その上にろ材の砂をしいて使用する装置。セットも楽で美感もそこなわないが、手入れが大変であり、底砂を掘り返す魚を飼うときには不向き。
  • 投入式ろ過装置
    ケースにろ材を入れ、その中を水が通る事によってろ過を行うものであるが、ろ過能力はあまり高くない。エアーポンプによるエアーリフトで作動するのが特徴。
  • 上部式ろ過装置
    水槽の上部に載せて使用する。タービンポンプで水槽の水をろ過槽まで汲み上げてろ材を通してから水槽に水を落とす仕組み。コンパクトな割に、ろ過能力も高くセットも簡単なため、最近の主流である。。